作詞:瀧本 元  作曲:瀧本 元  編曲:瀧本 元

 

青く澄み渡る大空  雲ひとつないよ
昨日の夜の 土砂降りの雨が  まるで嘘みたいに
緑の風が私を つつむやわらかな朝
深呼吸をして 木漏れ日の中の  いつもの道を行く

あんなに泣いた私の心も
この空のように晴れやかに

瞳に映る全てのものが  そっと私を励ましてくれる
心に響く安らぎの波は  しずむ私に輝きをくれた

だからいつも前だけを向いて
私は歩き出すよ

白い壁と パンの香り  並木道のカフェテラス
いつか来て書いた 落書きの文字が  少し消えかけてる
琥珀色のハーブティーに 映るあの日の景色
そっと目を閉じて 思い出の中の  消せない名前消す

あんなに泣いた私の心も
この街のよにいきいきと

広がる青空 緑萌える大地  ずっと私を育んでくれた
どんなにつらい毎日が来ても  きっと輝く明日はくるよ

だからいつも前だけを向いて
私は歩き出すよ

悲しみ越えた私の未来は
希望の光あふれだす

過ぎ去る時の流れの中で  ふいに過去を振り返っても
変わらぬ昨日に涙流すより  変えられる明日に笑顔見せたい

だからいつも前だけを向いて
私は歩き出すよ

だからいつも前だけを向いて
私は歩き出すよ